Frequently Asked Questions

FAQs


ボジョアのギターはどこで買えますか?
日本国内の取次店を通じてご注文ください。
https://albertbiz.com/bourgeois/dealer/
温度や湿度の変化からどのようにしてギターを守ればいいですか?
Bourgeoisのギターには、我々が信用をおくサプライヤーから仕入れ、丁寧に製材された木材だけを使用しています。製材の後にシーズニングなどできる限りの処置を施して貯蔵しています。
湿度、温度、保管方法はあなたのギターと長く付き合っていく上で重要な要素です。Bourgeoisのギターはメイン州ルイストンで製作されます。大体この土地では湿度45%、温度は18度から21度の間です。
ギターは持ち主の人間と同様、一定の環境を快適なものと感じます。極度な寒暖や乾湿は、ギターに顕著な影響を及ぼすことでしょう。どこに住んでいても、ギターの置かれている環境を理解するのはギターのケアに必要不可欠です。
大体のギターは21度での湿度(RH)で40-60%のあいだに置くのが望ましいと言われます。経年や材質、モデルによっても環境に対するギターの反応は変わってきますが、製作から1年の間は特に注意を向けるのを勧めます。
しかし、湿度がいくらかということよりもっと重要なのは、それがどれだけ変化するかです。極端な温度や湿度は確かにギターによくありません。ですが、それらの急激な変化の方がギターに与えるダメージは大きく、時には修理できないレベルにまでなってしまうこともあります。
乾燥はバインディングの縮み、木の割れ、フレット端の剥がれ、ビビりなどの症状をもたらします。多湿だと、接着部の膨らみ、接着不良、ブリッジはがれ、トップの膨らみ、弦高が上がるなどの症状が生じます。
ギターを弾かないときにはケースの中にしまっておくことをおすすめします。ケースに入れることが、温湿度の変化からギターを守る最良の手段です。また、ケースを壁に立てかけたり、火の元の近くに置いたり、エアコンの近くに置くことは、フレット浮きやボディクラック、ブリッジ浮きなどの悲劇を生む原因となります。ギターを持ち運んだり、その他の理由でギターを外気に晒す場合には、新しい環境にギターを慣らすことを心がけてください。配送用の箱から取り出すときであってもです。
ケースの中の環境に気を配ることは重要ですが、ギターを普段置いている部屋の環境を整えることも必要です。ギターを保管する部屋の温湿度を普段からチェックしましょう。気を配りやすいように、高機能な温湿度計を買っておくことをおすすめします。
ケース内に乾燥剤や加湿材を入れる時は、メーカーの指示に従い、実際に使っている人の声を参考にしてください。また、普段からギターに目を向けることも重要です。おすすめは、Oasis humidification systemとPlanet Waves Humidpakです。Humidpakは加湿も除湿もできるので便利です。ひとつ注意しておいて欲しいのは、サウンドホールに取り付けるタイプの加湿材は、湿っている時には効果的に加湿できますが、乾燥してしまうとスポンジのようにギターの水分を吸い取ってしまうことです。小まめに様子を見るようにしてください。
いつでもケース内の環境を確かめるには、ケースに温湿度計を取り付けるのが一番です。何より大事なのは、ギターを入れたケースを車のトランクに入れないことです。
Bourgeois Guitarsをクリーニングするには何を使えばいいですか?
一般的に言って、掃除用の某をわざわざ使う必要はありません。古い綿のシャツの切れ端など、柔らかくて乾いた布で演奏した後に拭いておけば、まず問題ないでしょう。
有名なメーカーが製造した、ギターを拭くための布であれば、長期間使ったとしてもBourgeoisのギターの塗装にダメージはないと言って差し支えありません。しかし、塗装の仕上げに悪影響を及ぼすシリコンが含まれる家具用のポリッシュをはじめとするクリーナーやポリッシュを用いないでください。
ギター用のポリッシュやワックスであれば、我々のギターの塗装に害はありません。ですが、ワックスやそれを含むポリッシュを使うのは最小限にとどめてください。年に1回がひとつの目安です。大抵の場合、艶のある質感はクロスで丁寧に拭いておくことで保たれます。なんにせよ、クリーナーやポリッシュのメーカーの指示によく従うようにしてください。
特に経験がなければ、コンパウンドなどの使用は控えるようにしてください。スクラッチや深い傷を取り除くのはプロに任せましょう。
指板にオイルを塗ることは、長期的なメンテナンスにおいても必須ではありませんが、度々使ったとしても害にはなりません。クリーナー、ポリッシュ、ワックスと同様に、有名メーカーのものを使うようにして、その注意書きをよく読んで使用してください。
我々はPlanet WavesとStewart Macdonaldのギターケア用品には精通しているので、Bourgeois Guitarsのオーナーにはこれらをおすすめしています。もっといい用品もあるにはありますが、そうした製品がギターに長期的にどう影響するか、直接確認していないという点をご了承ください。
ギタースタンドはギターの塗装に影響しますか?
一部のパッドやフックに使われているゴムや皮、プラスチック、その他の化学物質が触れると、ネックのニトロセルロースラッカー塗装に反応することはあります。しかし、スタンドやフックを仮置き以上によく使うものであるなら、清潔な綿のクロスをギターと接する部分に被せておくことをおすすめします。一部の家庭用洗剤も塗装に反応することがあるので、ギター用に作られたクロスを使用するようにしてください。より詳しいことはクリーニングについての項目をご覧ください。
Bourgeoisとはどう発音しますか?
BUR-jwahと発音します。
実を言うと、我らが尊敬すべきマスタールシアーの名字の発音には悩まされています。私たちはDanaに簡単な発音が思いつかないか聞きました。するとDanaはフランス流か、アカディア流か、ケイジャン流か、アメリカ流かどれがいいか訪ねました。結局アメリカ流の発音を選ぶに至ったのです。
最初の音節にアクセントを置く言い方がいいと言うふうに最終的に思いました。いい考えをお持ちの言語学者さんがいらしたらぜひ教えてください。
この回答があなたの悩みを軽減するといいのですが…お気に入りの店に言って「えーと、これください」と言うのでなく、Bourgeoisと名前で呼んでくださいね。
Bourgeoisのダブルアクション・トラスロッドを調節するためのレンチのサイズを教えてください。
近年は5mmの六角を使用しています。古いギターの一部には5/32インチのレンチを使用しています。Stewart Macdonaldの#6110がぴったりのサイズです。どの店でも丁度のものが見つかると思います。
Bourgeoisのダブルアクション・トラスロッドは前にも後にも弓なりに反ることができるロッドです。
トラスロッドの調整にはちょっとしたセンスが必要です。もしロッド調整の経験がなかったり、単純に回してみても望み通りのセッティングにならないときは、経験のある職人に任せる方がいいと思います。
Bourgeoisのサンバーストオプションについて教えてください。

Danaは、工房で全てのサンバースト塗装を手ずから仕上げています。ギターのサイドとバックの色合わせたに最適な塗り方をするので、何一つとして同じ塗り方のものはないのです。

The Bourgeois Standard Burst
ストラップピンはどのように取り付けたらいいですか?

注意:もしこの種の経験がないのであれば、資格のあるリペアマンに任せることを強くおすすめします。簡単で安く済む改造ですが、ボルトオンネックは複雑だからです。

ストラップピンを付けるのに最も適した位置は、ネックヒールの高音側、ヒールキャップと、指板の底面がネックとくっついている部分とのだいたい真ん中くらいです。
Bourgeois Dreadnoughtのネックヒールに取り付けられたストラップピン
Bourgeois OMに取り付けられたストラップピン
ネックヒールの中腹には、ネックを支持するネジに当たらないようにストラップピンを打ち込める位置がたくさんあります。鏡を使えば2本のネックボルトが見えるはずです。この作業をする前に一度確認しておくことをおすすめします。
ヒールキャップの端と指板の端との距離の半分の位置を測り、3/8 インチの深さまでまっすぐ穴を開けてください。

重要:適当な大きさの下穴を開けてから作業するようにしてください。

工房でセットアップされた時には何の弦が張ってありますか?
全てのDreadnoughtとVintage JOMはD’AddarioのEXP17(.013,.017,.024,.035,.045,.056のミディアムゲージ)を、OMとOMC、JOMC、DBJCにはD’AddarioのEXP16(.012,.016,.024,.032,.042,.053なライトゲージ)を、アーチトップモデルはD’AddarioのA-350(ミディアム、フォスファーブロンズ)かA-360(ラウンドワウンド、エレクトリック)を使用しています。

それぞれのボディスタイルの寸法が知りたいのですが。
Bourgeoisのボディスタイルの寸法

注意:ネックスケールやナット幅などの一部の仕様は多くのモデルで変更可能です。詳しくはBody Stylesのページをご参照ください。